頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー カシオ MRG-B1000BA-1AJR 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第百十二回目のレビューはMRG-B1000BA-1AJRです。

赤備えと人気を2分していた黒備えの後継機です。

 

f:id:japanesewatch:20210223151535j:plain

 

総合評価: 84点

 

(各項目25点満点)

 

 

デザイン: 23点

B2000よりもサイズが3mm小さくなっていてつけやすいです。デザインも機械式時計の文字盤のようで高級時計から付け替えるにしても馴染む感じもします。

B2000は全体的に出っ張りを多くして押し出し感を協調していますが、こちらはそういったところを抑えながら存在感を出しています。

前作の黒備えよりも配色が綺麗でこちらの方が人気が出るのではと考えます。

 

外装: 22点

外装もB2000に準じたものとなっています。ケースも小さく出っ張りも少ない為、手につけたときの快適性はこちらの方が上です。

チタンなので見た目以上に軽いのもいいですね。ブレスレットなどはごついのでより安定感を増すためにザシチズンみたいにネジにすると良かったです。

 

f:id:japanesewatch:20210223153819j:plain

 

厚みも14,6mmとB2000よりも2mm薄くなっています。また、裏蓋が平らになっているので腕に乗せたときの安定感は高いです。

 

ムーブメント: 17点

ムーブメントはB2000と同じくGPSのない電波ソーラー+Bluetooth搭載となります。

それにしてもGPSはカシオは撤退していくのでしょうか。新作まったく出なくなってしまいました。

 

コストパフォーマンス: 22点

サイズが小さいからかB2000よりも2万円安くなっています。この辺りはデザインの好みで決めるところです。

B2000ほどの迫力はないですが、こちらはこちらで手首の細い方には特におススメできます。