頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー グランドセイコー SLGA001 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第九十三回目のレビューはグランドセイコー SLGA001です。

グランドセイコー誕生60周年の年に満を持して登場した新世代スプリングドライブモデルとなります。

 

f:id:japanesewatch:20201108130715j:plain

 

総合評価: 90点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

非常に押し出しの強い迫力のあるデザインです。一目で高級ダイバーと分かる仕上がりです。

ハイビートダイバーとデザイン的にはほぼ一緒です。

パワーリザーブの位置が10時になったのでこれからのモデルもこの位置になるのか気になるところです。

 

外装: 23点

外装もブライトチタンにザラツ研磨を施し非常に高級感のある仕上がりになっています。

また、ブレスレットも幅が徐々に薄くなるようになっておりこの辺りはロレックスと比べても高級感があります。

 

f:id:japanesewatch:20201108131144j:plain

 

厚みは16mmとかなり厚いです。この辺りは高性能ダイバーなので仕方ないですね。しかしながらロレックスシードゥエラー、オメガプラネットオーシャンよりは薄くはなっています。

 

ムーブメント: 25点

この時計一番の特徴はなんといっても新世代ムーブメントでしょう。

120時間という超ロングパワーリザーブにして高精度(月差10秒以内)というのを両立しています。また、ロングパワーリザーブ機で避けては通れない精度の大きな差もスプリングドライブという機構で解消しています。

また、ムーブメントはそれぞれ1枚の板で固定することで非常に頑丈なムーブメントになりました。

完璧と思われたスプリングドライブという機構をさらに越えるムーブメントを作るセイコーには脱帽です。

 

コストパフォーマンス: 20点

従来のモデル(デザインなどは結構違いますが)と比べて1,5倍ほどにもなりますが、あらゆる面でバージョンアップとなっており決して高くはないです。

付属のシリコンベルト単体で3万円以上しますし新型ムーブメントのファーストモデルという価値を感じます。

これもすぐに完売するでしょう。

レビュー オリエントスター RK-AV0117L 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第九十二回目のレビューはオリエントスター RK-AV0117Lです。

こちらはオリエントスタープレステージショップ限定モデルで250本限定となります。

オリエントスターは最近は徐々にこのプレステージショップ限定モデルを拡充させていっていますね。

 

f:id:japanesewatch:20201108122346j:plain

 

総合評価: 84点

 

(各項目25点満点)

 

 

デザイン: 21点

デザインは通常よりもよりムーブメントが見えるようになっています。

また、指し色にピンクゴールドカラーを施し特別感を演出しています。

どちらかというと若い人に人気のあるデザインとなっています。

 

 

外装: 18点

外装はところどころエッジの効いたデザインとなり高級感があります。

また、ブレスレットも5連になりこちらも落ち着きと高級感を両立させています。

 

f:id:japanesewatch:20201108125710j:plain

付属のベルトを合わせてみました。ブルーの文字盤にブルーのレザーがとても合います。また、バックルもDバックルになっていてこれはありがたいです。

 

厚みは12mmと若干厚めな気がしますがそこまで気にはなりません・

 

 

ムーブメント: 21点

ムーブメントは従来の50時間持続に改良された46系ムーブメント搭載です。

この50時間も将来的には70~100時間の持続に改良を願います。

 

 

コストパフォーマンス: 24点

限定250本という少なさなのに、通常モデルと同じ値段でさらに革ベルトが付属しますのでとてもお得です。

ベルトに付属のバックルもDバックルになっておりさらにお得感高いです。

 

レビュー カシオ オシアナスクラシックライン OCW-T2600ALA-2AJR 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第九十一回目のレビューはオシアナスクラシックライン OCW-T2600ALA-2AJRです。

日本の藍染をイメージした限定モデルとなります。もともとは6月ごろの発売予定でしたがコロナで遅れて11

こちらは世界限定1000本となります。

 

f:id:japanesewatch:20201108114847j:plain

 

 

総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

このケースにはレザーベルトがとても良く似合っています。文字盤とベルトの色も統一感があってとても良いですね。

 

外装: 23点

ザラツ研磨を施した綺麗なケースとベルトなどは天然藍を使い非常に手間隙のかかっているものとなります。

さらに換えのベルト付属しています。

 

f:id:japanesewatch:20201108120606j:plain

 

厚みは10,7mmと厚みを抑えたものとなります。革ベルトと相まって付け心地はとても良いです。

 

ムーブメント: 17点

こちらは通常の電波ソーラーとなります。

 

コストパフォーマンス: 23点

通常モデルよりも2万円高くなりましたが、限定モデル、換えのベルト付属、手間隙のかかる藍染めということを考えると非常にお得感があります。

ベルトも樹脂と革のコンビらしく非常に丈夫です。

こちらはメタルブレスレットとの互換性はありませんのでずっと革ベルトで使う分には問題ないです。

 

レビュー セイコー アストロン 大谷翔平限定 SBXC081 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第九十回目のレビューはセイコー アストロン 大谷翔平限定モデル SBXC081です。

限定でしかもアストロンとしては珍しい白文字盤です。

 

 

f:id:japanesewatch:20201025162103j:plain

 

総合評価: 85点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

珍しい白文字盤に控え目に赤色があります。

エンゼルスカラーと分かる配色です。最近のセイコーはデザイン、配色ともにレベルアップしています。

 

外装: 21点

ベゼルにセラミックを採用していて傷にも強く、ザラツ研磨を施して高級感があります。

裏蓋には大谷選手の背番号とサインが施されていて特別感があります。

厚みは13,3mmと通常モデルと同じでGPSウォッチでこれぐらいなら許容範囲です。

 

ムーブメント: 22点

セイコーGPSソーラーは腕時計としては最高ランクです。

一日に2回自動受信を行う大容量バッテリーが非常に安心感を与えます。

 

コストパフォーマンス: 20点

日本人の限定モデルは人気が出ないというジンクスのある日本の時計業界にあって、大谷翔平だけは常に即完売という例外中の例外です。国民的スターでイメージがとてもいいからでしょう。コアショップという限られた店舗のみでの限定販売というのと世界限定わずか1700本なのでこちらもすぐに完売してしまうでしょう。

ベゼルをセラミックにして、専用ボックス、ノベルティもついたことでベースモデルよりも4万円高くなっていますが十分にお得感あります。

 

レビュー ザシチズン 25周年モデル AQ4070-50A 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第八十九回目のレビューはザシチズン 25周年モデル AQ4070-50Aです。

前回人気を博した金沢金箔モデルの第二段です。

 

f:id:japanesewatch:20201012154529j:plain

 

 

総合評価: 94点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン:22点

デザインはシンプルです。しかしその中にもザシチズンらしさが出ています。

特にこのモデルは文字盤に尽きます。上品なプラチナ箔をのせた土佐和紙がとても良いですね。土佐和紙は1000年以上の歴史のある国指定の伝統工芸品で和紙の中でも最も薄く作ることができるのが特徴です。

ここに金沢金箔の技術で作ったプラチナ箔をのせています。

 

外装:24点

外装はチタンにデュラテクトプラチナをコーティングしています。ステンレスよりもより白く輝いています。

また、こちらもザシチズンの名にふさわしくエッジが立っていて非常に高級感があります。

 

f:id:japanesewatch:20201012161001j:plain

 

厚みは12,2mmとやや厚いですですがここまでの厚さは感じません。おそらく裏蓋側に厚みを持っていて正面から分かりにくくした為でしょう。

 

f:id:japanesewatch:20201012161206j:plain

 

また、グランドセイコーと同じくスクリューバックの裏蓋は全てイーグルが真上を向きます。そしてなんと電池交換等しても基本的には同じようにイーグルが真上を向くそうです。これはシチズン以外のメーカーでは不可能ですのでものすごい技術を持っているメーカーです。

 

ムーブメント:24点

年差5秒のソーラー、これもシチズン以外では不可能な技術といえます。

世界一薄い和紙を採用していて通常モデルと充電能力に差が無いのも素晴らしいです。

 

コストパフォーマンス:24点

現在通常モデルで37万円ぐらいしているので限定でなおかつプラチナ箔を使用しているこちらの方が安いです。そういう意味では非常にお得感があります。

限定350本という少なさも魅力ですし、前回の金箔モデルよりも日常使いしやすいですね。

レビュー シチズン アテッサアクトライン CC3081-52E 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第八十八回目のレビューはシチズン アテッサアクトライン CC3081-52Eです。

絶好調のアクトラインのGPSモデルとなります。

 

f:id:japanesewatch:20201011141931j:plain

 

総合評価: 84点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 21点

指し色をオレンジにしたりプッシュボタンを変えただけで結構印象が変わります。

スポーティなのでON/OFFどちらでも使えます。

 

外装: 21点

外装も面をしっかりと強調しとてもアクティブな印象になっています。

 

f:id:japanesewatch:20201011142759j:plain

厚みは13,2mmとどうしても厚くなってしまいます。ラグを下に下げているのとブレスレットも真下に降りるので付け心地は良好です。

 

ムーブメント: 20点

ソーラーGPSとなります。シチズンは6日に1回自動的に受信モードになりますがこれはセイコーの1日2回と比べると劣ります。

しかし、シチズンは時刻合わせが短針が動いて合うので他者よりも非常に早く時間が合います。

たとえば空港ではやく時間を現地に合わせたいときなど重宝します。

 

コストパフォーマンス: 22点

以前のモデルは18万円ぐらいだったのがこのモデルは15万円に下がりました。

これが15万円だとは思えないぐらい作りも良いですし、実用性も十分ありますのでお勧めです。

 

レビュー カシオ オシアナス OCW-T200S-1AJF 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第八十七回目のレビューはカシオ オシアナス OCW-T200S-1AJFです。

以前からある定番モデルです。

スポーティなセイコーブライツ、フォーマル色のあるシチズンアテッサとの競合ですがオシアナスはこの中間のデザイン展開をしていて感覚的に一番売れている感じです。

 

f:id:japanesewatch:20201011132622j:plain

 

総合評価: 81点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 20点

デザインはシンプルです。以前のモデルよりもよりシンプルになりました。

以前のモデルも併売しているのでこの辺りはデザインの好みでしょう。

若干ベゼルの厚みが気になるところです。

 

外装: 20点

外装も可もなく不可もなくといったところです。つや消しの仕上げは細かくつけたときに手のストレスが少ないのと落ち着いた印象を与えます。

 

f:id:japanesewatch:20201011140254j:plain

 

この価格帯ですと針は打ち抜きのものも多いですがしっかりと面取りされています。

この辺りはしっかりしてますね。

f:id:japanesewatch:20201011135632j:plain

厚みは10,7mmち比較的薄い方です。ラグも傾斜しているので付け心地は非常に良いです。

 

ムーブメント: 18点

ムーブメントは通常の電波ソーラーとなります。

さらにはBluetoothスマホとリンクできるので世界中どこでも正確な時間にすることが可能です。

 

コストパフォーマンス: 23点

6万円というのは非常にお買い得感があります。実際に、シチズンのアテッサ、セイコーブライツと被ってきますが互角の勝負になっています。

若い人のファーストウォッチとか結納返しにピッタリの時計です。