レビュー オリエントスター RK-AV0A03B 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第八十回目のレビューはオリエントスター RK-AV0A03Bです。

スポーティイメージの新型となります。

 

f:id:japanesewatch:20200912180538j:plain

 

広告にも最近はよく登場するモデルで問い合わせも多いです。

 

総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

赤と黒で非常に攻めた配色です。この組み合わせは売れる鉄板ですので人気が出そうです。

また、赤、黒以外を極力使わないことで高級感も出ています。ベルトの裏側の赤もとても良いですね。

 

外装: 21点

外装もベゼルの切り込みなどひと手間かけたりしています。また、こちらはねじ込み式になっていてしっかりと100M防水を担保しています。

オリエントスター全般にいえますがこの価格帯でDバックルというのはありがたいですね。

f:id:japanesewatch:20200912181142j:plain

 

厚みは13,7mmともう少し頑張って欲しいです。

 

ムーブメント: 22点

ムーブメントは新型の50時間モデルになっています。もはや50時間でも決して長いわけではありませんが2日以上持つので実用性は高いです。

 個人的にはこの基幹ムーブメントもいいのですがもう少しバリエーションを豊かにして欲しいですね。

 

コストパフォーマンス: 20点

このクオリティでこの価格は十分お得感あります。また、見た目も高級感が出ています。

他のオリエントスターと比べると高く感じますがなかなかこの価格帯ではこれだけのものは無いのでお勧めです。

ファーストウォッチというよりもセカンドウォッチを探している人に良いと思います。

 

レビュー セイコープレザージュ SARX067 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第七十九回目のレビューはセイコープレザージュ SARX067です。

珍しいブラウンエナメルです。セイコーのエナメルは高級時計に使用されるいわゆるホットエナメルで作られておりスイス製であれば文字盤だけでこの価格はすると思われます。

 

f:id:japanesewatch:20200911092946j:plain

 

総合評価: 83点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 20点

シンプルなデザインながらキュービット針を採用しておりブラウンエナメルと相まってとてもおしゃれな印象です。

 

外装: 19点

外装もこの価格帯であれば及第点です。

ベルトは何気にコードバンを使用して高級な光沢があります。

 

f:id:japanesewatch:20200911093538j:plain

 

厚みは12,4mmとエナメル文字盤なので少し厚くなります。この辺りは10mmぐらいになるように頑張って欲しいです。

 

ムーブメント: 22点

ムーブメントは新型の6R35を採用しています。70時間パワーリザーブは安心して使うことができます。昨年登場のこのムーブメントは相当数出回っていると思いますがトラブルもなく非常に良好なムーブメントです。

 

コストパフォーマンス: 22点

高級なエナメル文字盤と高性能ムーブメントで12万円は非常にお値打ちです。

この辺りはスイス時計では絶対に真似ができないところですのでどんどん力を入れて欲しいです。

レビュー グランドセイコー レディス STGK015 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第七十八回目のレビューはグランドセイコーレディス STGK015です。

こちらは新開発のレディス専用ムーブメントの60周年記念限定モデルです。

 

f:id:japanesewatch:20200817151913j:plain

 

総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

デザインはオーソドックスで一目でグランドセイコーと分かるものとなりました。

グランドセイコーブルーのマザーオブパール文字盤とダイアモンドが限定らしさを醸し出しています。

 

外装: 21点

外装もしっかりとザラツ研磨を施し上質な仕上がりです。

また、ベゼルダイアはダイアモンド同士が非常に密接していて高級感と輝きが増しています。これはダイアモンドを留める技術が高い証明でもあります。ダイアモンドセッティングはクレドールの工房を使っているのでしょうか?非常に繊細です。

厚みも11,2mmとレディスの自動巻きの中では最薄の部類だと思います。これは素晴らしい。

 

ムーブメント: 22点

レディスで自動巻きの要望は少ないだろうという大方の予想を裏切り非常に強力なセールスです。このムーブメントを載せたモデル2型も非常に入荷が厳しく常に品切れとなっています。

精度もメンズのクロノメーターに匹敵する高精度を実現。

全くベースがないところから一から新たに機械式ムーブメントを開発というのはさすがです。

 

コストパフォーマンス: 20点

価格が100万円以上でさすがに安いとはいえませんが、60周年、限定300本という希少性と美しい文字盤が唯一無二の感じがします。

写真よりも実物の方が

 

レビュー オリエントスター RK-AM001S 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第七十七回目のレビューはオリエントスター RK-AM001Sです。

伝統の46系をさらに改良したモデルとなっています。

新型もでましたがこれはこれで人気があります。

 

f:id:japanesewatch:20200822132721j:plain

 

総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

とても上品なデザインです。文字盤などもオリジナリティにこそ乏しいですが文字盤の仕上げなどこの価格では難しい美しい仕上がりです。

満を持して登場させただけあってデザインも入念に考えられています。表のスケルトンも文字盤に上手く融合できています。

 

外装: 20点

外装も竜頭をややたまねぎ型にして巻きやすくしたり他のモデルとの違いを出しています。

 

f:id:japanesewatch:20200822132659j:plain

厚みは13,8mmとやや厚いです、この辺りも頑張って11mmぐらいまでして欲しいです。

革ベルトもこの価格帯でクロコダイルを仕様、ハミルトンなどはこの価格帯でもカーフなので非常にいいもの使ってますね。

 

ムーブメント: 22点

40時間パワーリザーブですが精度は大きく向上しています。また、仕上げもより綺麗になっています。

おそらく後継機も出ると思います、こちらは50時間になっていると思います。

 

コストパフォーマンス: 22点

高精度ムーブメント、クロコダイルベルトをあしらってこの価格帯は安いですね。

また、46系は今後もずっと生産していくと思いますので購入後のメンテナンスも安心できます。

 

 

レビュー グランドセイコー SBGE255 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第七十六回目のレビューはグランドセイコー SBGE255です。原稿ですが以前から定番のSBGE201よりも少し小振りで登場しました。

機械式でも多数GMT出ていますが去年から一気にGMTの数が充実してきました。おそらく海外の要望が多い為でしょう。

 

f:id:japanesewatch:20200817153345j:plain

 

総合評価: 85点

  

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

このシリーズ、色は全部で黒、グリーンの3種類体制です。文字盤とベゼルの色をしっかりと合わせていて統一感があります。

最近のグランドセイコーは配色が抜群に良いですね。

 

外装: 21点

ベゼルは従来のサファイアクリスタルからセラミックへ変更。セラミックでもある程度思い通りの色が出せるようになってきたのでしょう。

グランドセイコーのセラミックは数ある中でも最も強度が高いものを使用しているようです。

セラミックとサファイアどちらがいいというのはいえません、このあたりは好みのわかえっるところでしょう。

ブレスレットも5列になっていてスポーティさラグジュアリーさの両立を達成しました。

 

f:id:japanesewatch:20200817154722j:plain

 

厚みは14,7mmと以前のモデルと同じです。ケースが小さくなった分厚く感じます。

ここはもう1mmでも薄くして欲しかった。

 

ムーブメント: 22点

こちらは通常モデルと同じです。スプリングドライブは安心して使えますね。

 

コストパフォーマンス: 20点

以前のモデルよりも3万円高くなりました。ベゼルをセラミックにしたとはいえこれぐらいだとあまり値上がりの理由にもならないような・・・。

前作では大きすぎるという方(44mmだった)にはおススメします。両方見比べて選ぶのが良いかもしれません。

 

レビュー カシオ G-SHOCK GA-2100-4AJF 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第七十五回目のレビューはカシオ G-SHOCK GA-2100-4AJFです。

こちらのシリーズの特にブラックとブラック/ホワイトは限定でないにもかかわらずほとんど入荷しないモデルとなっており世界中で人気のようです。

 

f:id:japanesewatch:20200822123528j:plain

 

 

総合評価: 75点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

オーデマピゲのロイヤルオークやブルガリのオクトを思わせるような独特の8角形が特徴です。丸と8角形を上手く組み合わせていておしゃれですね。

文字盤も同色にあわせているのはとても良いですね。

ちなみにこの派手なこの色はNO3の人気です。

 

外装: 13点

外装は徹底的にコスト省いています。この値段だから値段相応です。

ケースは通常のモデルよりは加工が難しいと思われます。

 

ムーブメント: 14点

これはカシオの中でも比較的新しいムーブメントだと思われます。

Baby-Gにも似たものを使っていました。クォーツなので時間合わせがちょっと面倒くさいかもしれません。

 

コストパフォーマンス: 25点

非常に安いモデルです。13,500円ですので気兼ねなく使えます。どうもこれはいろいろな通販サイトでは定価よりも高くなっているそうで全国で争奪戦になっています、この価格なら仕方ないですね。

レビュー グランドセイコー SBGD201 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第七十四回目のレビューはグランドセイコー SBGD201です。

こちらは数少ないセイコーのコンプリケーションウォッチなどを専門に製作するマイクロアーティスト工房製です。

一部文字盤なども内製化するという世界でも希な工房です。

 

f:id:japanesewatch:20200812122426j:plain

 

総合評価: 85点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザインはいたってノーマル。パッとみでは普通のグランドセイコーと差が無いように感じますが文字盤の凝った作りや専用ケースのバランスの取り方などは素晴らしいです。いかにも高い時計だと思わせない奥ゆかしさを感じる時計です。

 

外装: 24点

外装は軟らかいプラチナ950をザラツ研磨し、まったくゆがみの無い完璧な外装にしました。手間隙かけたケースは使うのがもったいなくなくなるほど繊細で上品です。

革ベルトもこの大きさと重さに耐えられるように通常よりも厚く丈夫に作っています。

 

f:id:japanesewatch:20200812123049j:plain

 

厚みは13mmと実は厚くないです。このあたりは付け心地も考えて薄くしたのでしょう。また、重さも168gと通常モデルよりも20gだけの重量増に抑えています。

つけると感覚的に重く感じる気がしますが気のせいです。こういう見えないところの努力には頭が下がります。

 

ムーブメント: 24点

ムーブメントは192時間という超ロングパワーリザーブが魅力です。スプリングドライブは通常の機械式よりもゼンマイが持たないのですがこれをここまで伸ばすのは凄い技術です。また、スプリングドライブの特性上ゼンマイが満タンと空のときの精度差が無いというのは機械式では不可能なのでここは特筆すべきところです。

f:id:japanesewatch:20200812123629j:plain

ムーブメントはシンプルながらルビーやブルースチールネジが綺麗に配置されていて綺麗です。もう少しコンパクトにできればベストでしたが香箱を3つもつむとこれぐらいは仕方がないですね。

 

コストパフフォーマンス: 15点

さすがに600万円という価格からは安いということはいえません。マイクロアーティスト工房製だとこの価格がスターティングプライスとなります。仕上げなども通常のグランドセイコーよりもさらに良くなっていて高級時計らしさがにじみ出ています。

こういう時計をさりげなく身につけるのはとてもかっこいいと思います。