レビュー セイコープロスペックス SBEX011 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第六十四回目のレビューはセイコープロスペックス SBEX011です。

1968年に登場したワンピース構造の画期的なモデルで、植村氏松浦氏がエベレスト登頂の際に使用していたモデルです。

 

f:id:japanesewatch:20200619142119j:plain

 

 

総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

ファーストモデルと比べると現代風になっています。3部作のなかで一番ダイバーウォッチらしいデザインだと思います。

こちらはジュネーブ時計グランプリで受賞するぐらいデザインには定評があります。

 

 

外装: 23点

外装はこちらも「エバブリリアントスチール」を採用しています。

防水性を高める為裏蓋の無い構造になっています。これはプロダイバーなどはとても安心できます。

実用時計らしくなくポリッシュ面とサテン面を交互に出して立体感と高級感の両方を出しています。

ケースサイドのポリッシュ面も鏡面にゆがみが無く非常にコストがかかっています。

f:id:japanesewatch:20200619180415j:plain

 

ケース厚は15,7mmとかなり厚いですし、頭が出ているので付け心地は3部作の中では一番劣ると思います。

 

f:id:japanesewatch:20200619181013j:plain

 

ベルトはダイヤカットのはいったシリコンバンド。

 

 

ムーブメント: 22点

こちらも同じく8L55を採用。高振動ムーブメントを搭載し安定感は抜群です。

 

コストパフォーマンス: 19点

ダイバーウォッチで70万円というのはなかなか高いですね。このあたりだと、オメガ、ブライトリングなどとぶつかってきます。

36,000振動の高性能ムーブメント、新開発のケース、限定ということを考えるとこちらを選ぶのもかなり時計を知っている人のチョイスですがありかと思います。

 

レビュー セイコープロスペックス SBEX009 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第六十三回目のレビューはセイコープロスペックス SBEX009です。

セイコーダイバー55周年を記念して復刻されました。黒文字盤でしたが数年前にも復刻してすぐに完売したモデルの文字盤違いになります。(ムーブメントなど様々な点で違います)

 

f:id:japanesewatch:20200619114106j:plain

1965年国産初のダイバーズウォッチとして登場し、南極観測隊越冬隊員の装備品として信頼性の実証もされたモデルとなります。

 

 

総合評価: 91点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 24点

国産初のダイバーで現在のセイコーダイバーのあらゆる基になったモデルです。

半世紀前のデザインながら色あせないというのは凄いですね。

ある意味ダイバーとして完成されたデザインです。

 

外装: 24点

外装は非常にこだわっています。ケースに新素材の「エバブリリアントスチール」を初採用。これは色がより白く、耐腐食性もステンレスの1,7倍もあるそうです。

ガラスも贅沢にドームサファイアを採用、ベルトはオリジナルを忠実に再現し素材をシリコンへ変更しています。(価格はラバーの3倍以上で耐久性が向上しています。)

 

f:id:japanesewatch:20200619121513j:plain

厚みは意外に厚くて14,7mmあります。ラグが下に向いているので付け心地は良いです。

 

ムーブメント: 22点

オリジナルに倣い36,000振動の8L55を採用。これまでの8L35より振動数を上げています。8Lはグランドセイコーの9Sのデチューンモデルともいわれていますので非常にいいものを採用しています。グランドセイコー以外で最高の機械式ムーブメントといえます。

 

コストパフォーマンス: 21点

限定というのと新素材、新ムーブメントと新しいものを積極的に取り入れているので決して高くはないといえます。

とくにこのファーストモデルはそもそも店頭に並ぶかどうかも分からないので迷っている方で現物見れたらラッキーと思って良いと思います。

レビュー カシオ G-SHOCK GMW-B5000CS-1JR 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第六十二回目のレビューはG-SHOCK GMW-B5000CS-1JRです。

前回のメタルの人気を受けて第二弾の登場です。フルメタルケースにIP処理をしレーザー刻印したものになります。

今やフルメタルのG-SHOCKは代名詞的なものになっています。前回もものすごい人気でしたね。

 

f:id:japanesewatch:20200618121810j:plain

 

総合評価: 80点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

 デザインは非常にかっこいいですね。メタルならではのレーザー彫りも特徴を引き出しています。パッと見は表面に筋を印字したように見えますが良く見ると彫られているのが分かります。

ケース外周のぼこぼこしたところにまでレーザー彫りがありこのあたりは手抜きなく素晴らしいです。

カシオらしさが出ていてなおかつあまり見たことが無いデザインというのが所有欲を満たしてくれそうです。

 

 

外装:21点

IPメッキの上からレーザーで彫りをいれ手の込んだモデルになっています。

使っていくうちに表面のIPメッキがとれて味が出てくるのも楽しみなモデルです。

 

 

f:id:japanesewatch:20200619113620j:plain

厚みは13mmとそれなりの厚みがあります。G-SHOCKなんで気にはなりません。

ケースサイドから見た雰囲気が最上位機種のMRGにも見えます。

 

ムーブメント:13点

通常の電波ソーラーモデルでムーブメント的に特に特徴がありませんが安定した性能を誇ります。

 

コストパフォーマンス:23点

ベースのブラックIPメッキも出るよりも2万円高いですが前回モデルは20万円近くしたのを考えると半額ぐらいなので非常にお得感があります。ウレタンバンドではないので交換の必要がないので買った後お金がかからないので少し財布にも優しいです。

メタルモデルは大人がつけてもかっこいいG-SHOCKなので一本丈夫な時計を探している人にピッタリです。

 

 

レビュー ザシチズン AQ1060-56W 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第六十一回目のレビューはザシチズン AQ1060-56Wです。

文字盤はザシチズンの代名詞ともなった土佐和紙を採用。今回は浜辺のような雰囲気の真砂「まさご」文字盤となっています。

それにしてもシチズンはよく和紙の着想を得ましたね。独特の風合いがとてもいいと思います。

 

f:id:japanesewatch:20200607160032j:plain

 

総合評価: 90点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザインはザシチズンらしいシンプルなものです。今回珍しく10時位置にパワーリザーブインジゲーターつけています。ここが白蝶貝を使って表情が出ています。

個人的にはインデックスなどの金色の配色のバランスはザシチズンのほうがグランドセイコーよりもいいと思います。

ブレスレットも専用の7列バンドですしケースも何気に専用設計になっていて贅沢です。これはスイス時計では絶対にやらない(やれない)手法ですね。

 

外装: 23点

シチズン独自のデュラテクトプラチナを採用。ステンレスの4倍ぐらいの硬さが特徴です。いまだに他社が真似できないのは如何にシチズンの技術力が凄いかということでしょう。

ブレスレットの駒もチタンなのにネジ式になっていて結構大変なことをしています。

これはおそらくスイス時計含めて他社ではないと思います。

 

f:id:japanesewatch:20200607162136j:plain

 

厚みは12,2mmと実用時計としては標準的な厚みです。ケース径が38,3mm

ムーブメント: 23点

ソーラー時計の年差5秒という非常に高精度なムーブメントです。ソーラーで精度を出すのは非常に難しい技術です。

 

 

コストパフォーマンス: 22点

わずか限定250本というのと専用ケース・ブレスレット、さらに換えの革ベルトまでセットになっています。安くはありませんが非常にお勧めです。

実際つけてみると分かりますがグランドセイコーと比べて付け心地が結構違います。

どちらが良いということは無いのですがつけ比べるのも面白いです。

 

レビュー セイコー アストロン SBXC013 頑張れ国産時計ブログ

 

こんにちは、第六十一回目のレビューはセイコーアストロン SBXC013です。

アストロンの中でも一番ベーシックなモデルとなっています。

 

f:id:japanesewatch:20200524161715j:plain

 

総合評価: 83点

 

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 20点

機械式時計のクロノグラフのようなフェイスです。これはどんな男性でも好きな顔なのでその辺はしっかり押さえてます。白文字盤というのは案外なくてこのモデルは白と青のコンビネーションになっておりとてもさわやかな印象をうけます。

 

外装: 20点

外装もしっかり作りこんであります。アストロンセイコーでも上級モデルなのでこのベーシックでも十分に仕上げはいいです。

ケースサイズが小さくなったのが良いですね。これで欧米のみならずアジア圏でも相当に売れていくと思います。

 

ムーブメント: 20点

こちらも他のアストロンを同じものが入っています。GPS時計としては最も性能が高いのがアストロンGPSです。毎日2回もGPS受信するというのはシチズン、カシオともに無い機能です。

 

コストパフォーマンス: 23点

GPSソーラーでこの価格は最もお得な部類です。20万でGPSでかなり高級感もあるので10万円ぐらいの電波ソーラーを検討している人はこちらも検討してみてください。

地球上どこでも時間が簡単に合わせられるのは持ってみて海外にいくとありがたみを感じます。

 

レビュー カシオ オシアナス OCW-G2000G-1AJF 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第六十回目のレビューはカシオオシアナス OCW-G2000G-1AJFです。

セイコーGPSの勢いが強くなかなか苦戦しているようです。

オシアナスも以前はGPSも豊富なラインナップでしたが縮小しているようです。しかしこのブルーの配色が好きな方も多くいるのでまだまだ根強く販売しています。

 

f:id:japanesewatch:20200524160321j:plain

 

 

総合評価: 89点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザイン良いですね。オシアナスの中でも最も立体感を出して高級感を出しています。

最初期モデルからでしたが、一目でホーム&セカンドタイムが分かるのもカシオならではです。配色のブルーも良いですね。落ち着いた大人ブルーです。

 

外装: 22点

外装もしっかりとザラツ研磨を施し、立体感も出ています。陰影がとても出ていて価格以上の高級感があります。ベゼルのサファイアガラスもブルーが綺麗に出ていてとてもいいです。

 

f:id:japanesewatch:20200524160853j:plain

厚みは13,7mmと厚みは気になりません。サイズが46mmあるので他のモデルよりも3mmほど大きくなります。

 

ムーブメント: 22点

Bluetooth搭載GPS電波ソーラーという3つの受信機能全てを盛り込んだカシオ独自の機構です。国内では電波、海外ではGPSBluetoothかというのでどこにいても正確な時間が分かるのが良いですね。

 

コストパフォーマンス: 23点

チタンで3つの機構が搭載されていて23万円なら安いです。かつ高級感もあります。

大きさが気にならなければ18万ぐらいする他の電波モデル買うよりもこちらをおススメします。

オシアナスの最上級モデルですので

 

 

レビュー セイコー アストロンレディス STXD004 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第五十九回目のレビューはセイコーアストロンレディス STXD004です。

去年ついに出たGPSウォッチのレディスモデルです。GPSのアンテナや充電の関係で小型化が難しかったのですがセイコーは他者に先んじて発売となりました。

 

f:id:japanesewatch:20200524154456j:plain



総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

デザインは男性用とは打って変わってとても女性らしいデザインになっています。

女性らしい流線型デザインとサテン地のベルトなど非常に洗練されていると思います。

本来の使い方であるこれを海外につけていってもとてもサマになりますね。

インデックスのダイヤモンドやサンレイ仕上げの文字盤もとてもマッチしています。

 

外装: 20点

外装はステンレスにゴールドカラーのダイヤシールド加工です。ダイヤシールドはシチズンのデュラテクト程ではありませんが通常の傷にも強くなっています。

ケース径は39,8mmと今の女性用時計として決して大きくはありませんし、GPSの性質上これ以上の小型化は出来なかったかと思われます。しかし、現代は女性の時計も大型化していますので時代もこのモデルを後押ししてますね。

 

f:id:japanesewatch:20200524155029j:plain

 

厚みも12,9mmと若干厚い気もしますがそこまで気にはなりません。

 

ムーブメント: 21点

機能は男性ほどはありませんが、なによりここまで小型化したのはさすがです。

GPSとは思えない通常の電波ソーラーだと思ってしまいます。

お見事ですね。

 

コストパフォーマンス: 22点

女性用GPS時計として23万円というのはお買い得です。仕事やプライベートで海外に行かれる方にもピッタリです、ビジネスでもカクテルパーティでもとても合わせやすいです。

こういうのをさりげなくしているとかなり出来る女性を演出できます。1本女性なら持っていたほうがいいと想います。