レビュー グランドセイコー STGK007 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第四十九回目のレビューはグランドセイコーSTGK007です。なんと初めてのレディスウォッチのレビューです。

今まではメンズのムーブメントに極力小さいケースに収めて販売していましたがさすがにそれでは通用しなくなったのか新たにレディス専用を自社で開発してきました。

以前にテレビ番組で紹介された限定モデルは瞬く間に売り切れてしまいました。

こちらは通常モデルで、女性の技術者が全てく組み上げているわけではないと思いますが入荷が極めて少ないモデルです。

 

f:id:japanesewatch:20200320184812j:plain

 

総合評価: 87点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

細かいところですが女性用らしくメンズと違って角をなだらかに優しい仕上がりにしています。

また、ダイヤモンドインデックスとブルースチール針も非常に上品に仕上がっています。

 

外装: 21点

角をなだらかにしながらも稜線はしっかりとたっておりさすが国産最高峰です。

ポリッシュ面をメンズよりも少し多めにしているのでキラキラしていて女性らしさが出ています。このキラキラもザラツ研磨でより一層引き立っています。

 

 

f:id:japanesewatch:20200320190128j:plain

厚みは11,2mmとロレックスの9,5mmと比べると厚いですが重心が極力下に下げている為安定感があって違和感はありません。

 

 

ムーブメント: 22点

あらたに新開発&製造した9S27を搭載。クロノメーターよりも精度の良い+8~-3秒に落とし込んでいます。

このあたりはレディスの機械式では最も良い精度かと思われます。

また、50時間持続するので2日空けても動き続けます。

 

f:id:japanesewatch:20200320190251j:plain

 

 

コストパフォーマンス: 22点

競合ブランドのロレックスの約100万、オメガの約80万と比べてもお得感は高いです。

60万という価格だとスイス時計のクォーツのダイヤモンドインデックスと同じぐらいです。

レディスオートマチックはそんなに多くのブランドが展開しているわけでもないので非常に人気がありあればすぐ無くなってしまいます。

願わくばバリエーションを今の2アイテムから少なくとも10アイテムぐらいに増やして欲しいですね。

レビュー ザシチズン AQ4042-01P 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第四十八回目のレビューは新作のザシチズンAQ4042-01Pです。

ケースに初めてデュラテクトゴールドを採用し、土佐和紙と金澤金箔を施した25周年にふさわしい特別なモデルです。

どうしてもグランドセイコーの陰に隠れてしまっている印象がありますし、ザシチズンが正当に評価されてないというのもまだまだ見る目を養う必要を感じさせられます。

 

 

f:id:japanesewatch:20200320175548j:plain

 

総合評価: 94点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザインはシンプル3針時計の顔です。さりげなく文字盤にイーグルがありザシチズンと分かるようになっていますし。

文字盤が一目でこの時計が只者でないことをさりげなく主張しています。

全体的に華美すぎず良いと思いますし、デュラテクトゴールドの色合いも少しくすんだ感じが良いですね。

 

 

外装: 24点

初めてケース全体にデュラテクトゴールドを施した意欲作です。この技術は通常のゴールドの見た目のまま約50~100倍の高度にした革新的技術です。

そして、よく見ると部分的にポリッシュ仕上げを施しそこにデュラテクトゴールドを施していますが、以前話を聞いたらつや消しへのコーティングは比較的簡単だが歩立秋仕上げの上へのカラーコーティングは均一になりにくいらしくとてつもないコストがかかるそうです。

耐久性と美しさを備えた唯一無二の素材に仕上がっています。

また、ひとつひとつ手作業で仕上げを行う文字盤もこだわっています。金と白のバランスがとても良いですね。これは限定にしないと手間がかかって仕方ないですね。

 

f:id:japanesewatch:20200320180635j:plain

厚みは12,2mmと標準的です。もっと薄くも出来たと思いますが、ソーラーセルがあるのでこれぐらいが限界かもしれません。ラグが下に向かっているのとケースも38mmなので付け心地はとてもいいです。

それにしてもシチズンの切削レベルは世界でもトップクラスです。いわゆる雲上ブランド比べても遜色ありません。

 

ムーブメント: 24点

グランドセイコーよりも上の年差5秒、そしてパーペチュアルカレンダー装備と素晴らしいです。

 

コストパフォーマンス: 24点

これだけ手間隙かけて通常モデルよりも2万円高いだけなので非常にお得です。

この時計をしていると本当に見る目のある人がさりげなく良い時計をしているという印象を受けます。

事実、ザシチズングランドセイコーと並び企業経営者の方に結構選ばれています。

いわゆるいばりの効く時計ではありません、その逆に位置する時計ですがこれはそれだけの価値のある時計です。

 

f:id:japanesewatch:20200320181910j:plain

 

 

 

 

レビュー カシオ エディフィス EQB-1000XYDC-1AJF 頑張れ国産時計ブログ

 

こんにちは、第四十七回目のレビューはカシオエディフィス EQB-1000XYDC-1AJFです。

モーターレースとのコラボのイメージがあり若者に人気があると思いきや年配者にも大きくて時間が見やすいというので人気があるエディフィスです。

あえて電波時計にせずスマートフォンリンクにすることで値段を抑えているところがうけています。

 

f:id:japanesewatch:20200314091809j:plain



 

総合評価: 71点

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザインはスポーティなデザインで良いですね。ラップタイムや第二時間帯表示など使える機能も一目で分かるようになっています。

クロノグラフ調のデザインもこのモデルに合ってます。

カシオは最近はコツをつかんできたのか高級機械式時計のデザイントレンドをうまく取り入れてオシャレなデザインが増えてきている印象です。

 

外装: 21点

値段相応の作りかと思います。ただ、ケースなども立体的に作ってあるので同価格帯のスイス時計と比べるとワンランク上には見えます。

ケースもブラックPVDでコーティングしてあるので若干傷にも強いです。

 

f:id:japanesewatch:20200314091830j:plain


厚みは見た目とは裏腹に8,9mmと非常に薄くて良いですね!G-SHOCKのカシオでは考えられない薄さでとても着けやすいです。

 

ムーブメント: 15点

通常のソーラークォーツです。Bluetooth対応でいろんな機能で楽しめるところが良いですね。

アプリの開発だけでもなかなかコストのかかるところですので頑張ってますね。

 

コストパフォーマンス: 23点

ステンレスのソーラークォーツということで他にも正直選択肢はあります。

しかし、5万円台でこのデザインといろいろと楽しめるアプリということを考えるとデザインを気に入ればおススメです。

最近では年配者がアプリを使わずにこれを買うケースも増えています。見やすくて安いというのが受けているそうです。

 

レビュー セイコープロスペックス SBDB027 頑張れ国産時計ブログ

 こんにちは、第四十六回目のレビューはセイコープロスペックス SBDB027です。

こちらはプロスペックス最上級モデルとなります。

このモデルは世界的にプロスペックスが人気がある中で更に上を求めるユーザーの声にこたえたモデルということになります。

日本よりも海外で圧倒的に売れそうです。

このLXライン、デザインをフェラーリなどを手がけた奥山氏が担っています。

 

f:id:japanesewatch:20200309092424j:plain

 

総合評価: 84点

 

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザインはすぐにダイバーとわかるものになっています。

各所にポリッシュと艶消しを施し高級ダイバーモデルに仕上がりました。

 

外装: 23点

外装は流石に良いです。グランドセイコーに近い仕上がりになっています。

グランドセイコーのスプリングドライブダイバーだと同じぐらいの値段でステンレスなのでチタンのこちらの方がお得感はあります。

ケース厚は15,7mmなのでなかなかの厚み。バックルも外さずにサイズ調整のできるものになっている代わりに厚くなってます。

 

ムーブメント: 22点

中身はキャリバーナンバーは違うもののグランドセイコーと同じものが入っています。

仕上げなどが少し簡略化していると思います。

 

コストパフォーマンス: 17点

プロスペックスで60万円台というのはなかなか高い価格帯だと思います。

正直グランドセイコーと同じぐらいの価格帯なのでブランドネーム的にグランドセイコー買う人が多いのではないでしょうか?

そんな中でこちらを選ぶというのはすごくこだわりを感じます。

 

 

 

 

レビュー カシオプロトレックスマート WSD-F21HR-RD 頑張れ国産時計ブログ 

こんにちは、第四十五回目のレビューはカシオプロトレックスマートWSD-F21HR-RDです。

旧モデルも併売で、こちらはケース径を大きくし新たに生体センサーをつけました。

正直、今までの他社でも採用している生体センサーはあまり正確ではなかったようですがカシオはその弱点をある程度克服して登場させました。

 

f:id:japanesewatch:20200225122842j:plain

 

プロトレックはほとんどこればかり売れているようです。

 

総合評価: 78点

(全項目25点満点)

 

デザイン: 20点

デザインはプロトレックらしさを出したデザインです。画面もなるべく大きく見やすくしています。

タッチパネルの反応も良いです、これが遅いとイライラするので大事なポイントです。

 

外装: 20点

アウトドア時計なので高級感よりも実用性重視です。アメリカの製品企画にも通っていますので安心です。また、防水性能も50Mあるので安心して使えます。

充電式なのはソーラーにして欲しいですね。

 

f:id:japanesewatch:20200225122906j:plain

ケース径57,7mmで厚みが19,1mmと堂々たる大きさ。大きく感じる型は旧モデルがいいかもしれません。

 

ムーブメント: 15点

ムーブメント自体は充電式の時計です。リンクするスマートフォンに依存した形となります。アプリの拡充を望みます。

 

コストパフォーマンス: 23点

しっかりとコスト抑えながら登場しています。

時計ブランドのスマートウォッチということで安心感もあります。

アップルウォッチが圧倒的なシェアを誇っているカテゴリーですが、それ以外の選択肢ということであればおススメです。

アップルウォッチはフォーマル、こちらはアウトドア用として使い分けても良いかもしれません。

注意としては買った後に携帯とうまくリンクできない時があるようですがカシオカスタマーセンターに連絡したら結構すんなりいきます。

 

 

レビュー セイコープレザージュ SARX071 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第四十四回目のレビューはセイコープレザージュSARX071です。

こちらは1964年に登場したモデルの復刻モデルになります。

2020年の東京オリンピックのオフィシャルタイムキーパーはオメガなのでオリンピックは使えないのでなんとなく連想させるようなモデルを発表したのでしょう。

ちなみにこちらのグリーン文字盤は当時にはなく他のシルバーとブラックは1964年モデルもあったようです。

 

f:id:japanesewatch:20200221170050j:plain

 

 

総合評価:  91点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

1964年のモデルを忠実に再現しています。今でも通用するデザインなので当時からセイコーのデザイン力はなかなかのものでした。

グリーン文字盤はトレンドカラーを意識したのか、それともレトロな雰囲気を出すためなのか分かりませんがこの時計にとても良く似合っています。

 

外装: 21点

何気にケースも専用設計のようです。10万円以下の時計に専用ケースというのはやりすぎな気もしますがこのあたりも国産時計の良い所ですね。これだけでスイス時計では10万以下は無理ですね。

ケース径は41,3mmで厚みが11,3mmと誰にでもピッタリ合うケースです。しっかりとザラツ研磨を施し高級感も出ています。

 

ムーブメント: 23点

新型の中級ムーブメントです。このあたりはハミルトンでも15万ぐらいしますので10万円以下は素晴らしい。70時間パワーリザーブと±10秒ぐらいの精度は安心して使えます。

このムーブメントはプロスペックスで先行して搭載されましたがあちらにも使えるぐらいの頑丈さもあります。

 

コストパフォーマンス: 25点

専用ケース限定で85000円というのは頑張りました。1964年の東京オリンピックのトリビュートモデルとしても今年買うにふさわしい時計です。

ひょっとしたらもう売り切れて買えないかもしれませんがこれをつけて観戦するのも良いかもしれませんね。

レビュー シチズン カンパノラコンプリケーション AG6250-09E 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第四十三回目のレビューはシチズン カンパノラコンプリケーション AG6250-09Eです。

こちらは今まであるコンプリケーションモデルのケース違いとなります。

昔も同じようなデザインのものがあったので復刻といったところでしょうか?

 

f:id:japanesewatch:20200225210954j:plain

AG6250-09E ¥396,000

 

総合評価:  84点

 

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 21点

角デザインにうまく文字盤を集約させていて上品です。

どうしても四隅が間の抜けた感じになってしまいがちなところうまくまとめました。

体感的には今まであったラウンドケースよりも人気があります。

 

外装: 22点

このモデルだけの専用設計というのが贅沢です。

ケースの磨きのレベルもかなり高い感じがします。ケースもカーブしているので思いのほか着け心地も良好です。

 

 

 

ムーブメント: 20点

グランドコンプリケーションと比べてミニッツリピーターがないのは惜しい。

これもつけてほしかった。代わりに前後100年の任意の日を呼び出すという複雑な機構が入っています。こういう機能は飲み会の席などで話題作りに良いかもしれませんね。

 

コストパフォーマンス: 21点

パーペチュアルカレンダーと専用ケース、このデザインが気に入れば非常にお勧めのできるモデルです。あまり競合するブランドやモデルもなさそうなのでお店で試着してみて気に入ったら買いです。