レビュー カシオ オシアナス OCW-G2000G-1AJF 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第六十回目のレビューはカシオオシアナス OCW-G2000G-1AJFです。

セイコーGPSの勢いが強くなかなか苦戦しているようです。

オシアナスも以前はGPSも豊富なラインナップでしたが縮小しているようです。しかしこのブルーの配色が好きな方も多くいるのでまだまだ根強く販売しています。

 

f:id:japanesewatch:20200524160321j:plain

 

 

総合評価: 89点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザイン良いですね。オシアナスの中でも最も立体感を出して高級感を出しています。

最初期モデルからでしたが、一目でホーム&セカンドタイムが分かるのもカシオならではです。配色のブルーも良いですね。落ち着いた大人ブルーです。

 

外装: 22点

外装もしっかりとザラツ研磨を施し、立体感も出ています。陰影がとても出ていて価格以上の高級感があります。ベゼルのサファイアガラスもブルーが綺麗に出ていてとてもいいです。

 

f:id:japanesewatch:20200524160853j:plain

厚みは13,7mmと厚みは気になりません。サイズが46mmあるので他のモデルよりも3mmほど大きくなります。

 

ムーブメント: 22点

Bluetooth搭載GPS電波ソーラーという3つの受信機能全てを盛り込んだカシオ独自の機構です。国内では電波、海外ではGPSBluetoothかというのでどこにいても正確な時間が分かるのが良いですね。

 

コストパフォーマンス: 23点

チタンで3つの機構が搭載されていて23万円なら安いです。かつ高級感もあります。

大きさが気にならなければ18万ぐらいする他の電波モデル買うよりもこちらをおススメします。

オシアナスの最上級モデルですので