頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー セイコー アストロン SBXC013 頑張れ国産時計ブログ

 

こんにちは、第六十一回目のレビューはセイコーアストロン SBXC013です。

アストロンの中でも一番ベーシックなモデルとなっています。

 

f:id:japanesewatch:20200524161715j:plain

 

総合評価: 83点

 

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 20点

機械式時計のクロノグラフのようなフェイスです。これはどんな男性でも好きな顔なのでその辺はしっかり押さえてます。白文字盤というのは案外なくてこのモデルは白と青のコンビネーションになっておりとてもさわやかな印象をうけます。

 

外装: 20点

外装もしっかり作りこんであります。アストロンセイコーでも上級モデルなのでこのベーシックでも十分に仕上げはいいです。

ケースサイズが小さくなったのが良いですね。これで欧米のみならずアジア圏でも相当に売れていくと思います。

 

ムーブメント: 20点

こちらも他のアストロンを同じものが入っています。GPS時計としては最も性能が高いのがアストロンGPSです。毎日2回もGPS受信するというのはシチズン、カシオともに無い機能です。

 

コストパフォーマンス: 23点

GPSソーラーでこの価格は最もお得な部類です。20万でGPSでかなり高級感もあるので10万円ぐらいの電波ソーラーを検討している人はこちらも検討してみてください。

地球上どこでも時間が簡単に合わせられるのは持ってみて海外にいくとありがたみを感じます。