頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー セイコー アストロンレディス STXD004 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第五十九回目のレビューはセイコーアストロンレディス STXD004です。

去年ついに出たGPSウォッチのレディスモデルです。GPSのアンテナや充電の関係で小型化が難しかったのですがセイコーは他者に先んじて発売となりました。

 

f:id:japanesewatch:20200524154456j:plain



総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

デザインは男性用とは打って変わってとても女性らしいデザインになっています。

女性らしい流線型デザインとサテン地のベルトなど非常に洗練されていると思います。

本来の使い方であるこれを海外につけていってもとてもサマになりますね。

インデックスのダイヤモンドやサンレイ仕上げの文字盤もとてもマッチしています。

 

外装: 20点

外装はステンレスにゴールドカラーのダイヤシールド加工です。ダイヤシールドはシチズンのデュラテクト程ではありませんが通常の傷にも強くなっています。

ケース径は39,8mmと今の女性用時計として決して大きくはありませんし、GPSの性質上これ以上の小型化は出来なかったかと思われます。しかし、現代は女性の時計も大型化していますので時代もこのモデルを後押ししてますね。

 

f:id:japanesewatch:20200524155029j:plain

 

厚みも12,9mmと若干厚い気もしますがそこまで気にはなりません。

 

ムーブメント: 21点

機能は男性ほどはありませんが、なによりここまで小型化したのはさすがです。

GPSとは思えない通常の電波ソーラーだと思ってしまいます。

お見事ですね。

 

コストパフォーマンス: 22点

女性用GPS時計として23万円というのはお買い得です。仕事やプライベートで海外に行かれる方にもピッタリです、ビジネスでもカクテルパーティでもとても合わせやすいです。

こういうのをさりげなくしているとかなり出来る女性を演出できます。1本女性なら持っていたほうがいいと想います。