頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー セイコー アストロン 大谷翔平限定 SBXC081 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第九十回目のレビューはセイコー アストロン 大谷翔平限定モデル SBXC081です。

限定でしかもアストロンとしては珍しい白文字盤です。

 

 

f:id:japanesewatch:20201025162103j:plain

 

総合評価: 85点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

珍しい白文字盤に控え目に赤色があります。

エンゼルスカラーと分かる配色です。最近のセイコーはデザイン、配色ともにレベルアップしています。

 

外装: 21点

ベゼルにセラミックを採用していて傷にも強く、ザラツ研磨を施して高級感があります。

裏蓋には大谷選手の背番号とサインが施されていて特別感があります。

厚みは13,3mmと通常モデルと同じでGPSウォッチでこれぐらいなら許容範囲です。

 

ムーブメント: 22点

セイコーGPSソーラーは腕時計としては最高ランクです。

一日に2回自動受信を行う大容量バッテリーが非常に安心感を与えます。

 

コストパフォーマンス: 20点

日本人の限定モデルは人気が出ないというジンクスのある日本の時計業界にあって、大谷翔平だけは常に即完売という例外中の例外です。国民的スターでイメージがとてもいいからでしょう。コアショップという限られた店舗のみでの限定販売というのと世界限定わずか1700本なのでこちらもすぐに完売してしまうでしょう。

ベゼルをセラミックにして、専用ボックス、ノベルティもついたことでベースモデルよりも4万円高くなっていますが十分にお得感あります。