頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー アストロン SBXC033 頑張れ国産時計ブログ

 こんにちは、第九回目のレビューは今年の新作セイコーアストロンです。

f:id:japanesewatch:20190913165312j:plain

SBXC033 ¥450,000(税抜)

 

こちらはセイコーウォッチサロンでの限定流通モデルになります。

中身は通常の5Xムーブメントのアストロンですがケースにこだわりを見せています。

また、カラーリングもかなり派手になっていて他にも5種類ほど登場していますがこれが一番人気のようです。

SBXC003を買う人とは明らかに層が違います、もう時計何本も持ってますという方が選ばれていますね。まさに遊びの時計を探している人にはピッタリです。

 

総合評価: 80点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン:22点

初代アストロンのデザインを踏襲した楕円のデザイン。ぼてっとして見えますが腕にのせると不思議となじみます。この辺はよく考えてます。

赤、金、シルバーの配色のバランスもとても良いです。ケースサイドにもこだわりがありどの角度から見ても良いです。

f:id:japanesewatch:20190913165256j:plain

外装:22点

削ったりするのが大変なチタンのコンポジットケースを採用し、非常に各部が立体的になっています。ベゼルはセラミックとチタンのコンビネーションになっており傷がつきにくくなっています。

ケースサイドも立体的な凹凸がありすぐに手が込んでいるということが分かると思います。

 

ムーブメント:20点

セイコー自社製のGPSソーラー時計は毎日GPS受信を行うので時間がずれることがありません。

また、二次電池も仮にゼロになっても数日~数週間日光のところに当てておけば受信もして充電も復活します(自分のもので実証済み)。

 

コストパフォーマンス:16点

通常のSBXC003と比べると価格は約2倍、ケースの作りこみなどで差別化しているとのことですがなかなかこの二つを比べたときに価格差まで説明しきれないというのがあります。

別物と考えてこちらのデザインが気に入れば十分面白い時計です。

海外にレジャーで行く目的で買うというのであれば高級感もあって壊れにくいので安心です。