頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー カシオ G-SHOCK GSR-H1000AS-SET 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第百十六回目のレビューはカシオ G-SHOCK GSR-H1000AS-SETです。

ランニングシューズとして有名なアシックスとのコラボで本格的なランニングウォッチが登場しました。

ランニングウォッチとしてはガーミンが有名ですがその牙城に挑む意欲作です。

 

f:id:japanesewatch:20210403102621j:plain

 

総合評価: 79点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 20点

デザインはG-SHOCKのフェイスしていて一番大事な文字盤も大きくとても見やすいです。また、ぱっと見普通のG-SHOCKに見えるところも良いですね。

 

 

外装: 17点

作りは全体的に樹脂でできており通常のG-SHOCKとそう変わるものではありません。

さすがG-SHOCKだけあって20気圧防水と耐衝撃構造になっていてこのあたりは頼もしいです。

ただ、センサー等つけたからなのか通常のG-SHOCKよりも重くなってしまっています。これはランニング用なのでむしろより軽くして欲しかったです。

 

f:id:japanesewatch:20210403103402j:plain

 

厚みは19,6mmとかなりの厚みです。これは裏に心拍センサーを入れているので仕方がないですね。

 

ムーブメント: 19点

なんとGPS機能付いています。しかも1日1回受信するというハイスペックです。

この時計はスマートホンとの接続前提の時計ですのでそこから真価を発揮するでしょう。

 

コストパフォーマンス: 23点

この価格でGPSがついているというのは驚きです。しかもスマートホンとの連動で様々なランニングの記録ができるのでランナーにとっては最強のツールとなるでしょう。

ガーミンでもっと安いものもありますが本格的なトレーニングも含めたものとしてはほかに競合は見当たりません。