頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー 139回 シチズン エコドライブワン AR5064-57E 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第百三十九回目のレビューはシチズン エコドライブワン AR5064-57Eです。

外装も全く新しくなりモデルチェンジをしました。

 

f:id:japanesewatch:20210724165321j:plain

 

総合評価: 91点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

デザインは非常に洗練されています。ベゼルのビスがアクセントになっていて非常にアクティブな印象も与えます。

ブレスレットも今までの7列よりもスポーティな3列になりました。また、全体的にエッジが非常に立っていて高級感がある仕上がりになっています。

 

 

外装: 21点

外装は現行旧モデルのデュラテクトaから通常のデュラテクトと簡素化されました。ここはデュラテクトaにして欲しいところです。防水性能は30Mから50Mへ大きく向上しました。

シチズンのDLCは数あるDLCのなかで最もはげにくいという大きなメリットを持っていますし、一般的にDLCで艶出しというのはメッキがのにくいということもあり難易度が高いのですがこのモデルは艶出しつや消し交互にバランスよく出していて技術力の高さが伺えます。

 

f:id:japanesewatch:20210724165754j:plain

厚みは3,88mmと現行旧モデルの2,98mmよりも大きく厚みが増しています。

ただ、横から見るとラグを厚めにしてケース自体の厚みを気にならなくさせたのとブレスレット自体も薄くなっている、ケースの大きさも新型のほうが小さいので全体として変わらない印象です。

 

ムーブメント: 24点

前人未到の厚さ1mmのソーラームーブメントは今後もこの記録を敗れるメーカーは出てこないでしょう。

そういった意味でも極めて希少性の高いムーブメントといえます。

 

コストパフォーマンス: 23点

世界最薄のムーブメントでかつ今回は50M防水性能を付与してきました。

デザイン的にもスポーティですので今までのモデルよりもより若い人向けに感じます。

価格も現行旧モデルと同じに合わせていますのでデザイン、厚み、防水性を総合的に判断して決めるのがいいと思います。