頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー 138回 セイコープレザージュ SARX087 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第百三十八回目のレビューはセイコープレザージュ SARX087 「天空の城ラピュタ」限定モデルです。

最近はアニメとのコラボモデルがいろんなブランドから出ていますがこちらもその一つです。今回の宮崎アニメのラピュタは非常に知名度の高い方ですの好きな人にはたまらないでしょう。

 

f:id:japanesewatch:20210724161115j:plain

 

総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 21点

デザインは物語をイメージしてかノスタルジックなものとなっています。珍しいローマインデックスは時計塔のイメージとのことです。

ダイアルは琺瑯ですが特有のデコボコがなくローマ数字やほかの文字もしっかりとゆがみなく印字されています。

 

外装: 21点

外装は通常のプレザージュに準じたものとなります。ベルトが限定モデルらしくコードバンを使用しています。使っていくうちにピカピカ綺麗な光沢が出ます。

また、プレザージュ全体にいえることですがリューズが大きく手巻きをするときに非常にやりやすいというメリットがあります。

 

f:id:japanesewatch:20210724163337j:plain

厚みは12,4mmと琺瑯文字盤だとどうしても厚くなってしまいますが十分許容範囲です。

 

ムーブメント: 22点

ムーブメントは6R35ベースの6R31を搭載。日付を廃したモデルです。

セイコーの基幹ムーブメントになった6R35系、私もこのムーブメントは好きなのですがここにきて若干当たりはずれがあるようです。悪いものだと30秒程日差でずれてきていますのでそのときは購入店舗からセイコーに精度調整に出すことをお勧めします。

 

コストパフォーマンス: 22点

人気アニメの限定コラボレーションモデル、琺瑯文字盤、新型の6R31ムーブメントというのに加えてベースモデルよりも2万円ほど高いだけなので非常にお買い得感は高いです。

また、海外でも人気のあるモデルの為国内の商品はすでにほとんどないのではないでしょうか?