頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー 155回 シチズン プロマスターNB6005-05L 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第百五十五回目のレビューはシチズン プロマスターNB6005-05Lです。

プロマスターの中でも高対磁、高防水、高剛性をもつモデルとなります。

個人的には今年のシチズンのベストウォッチの一つと考えます。シチズンの非常に野心的なモデルです。

 

f:id:japanesewatch:20211014161845j:plain

 

総合評価: 92点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザインは非常に無骨な男らしいデザインです。文字盤、ベゼルには共通の刻みのはいったデザインとなっており、ベゼルのビスと相まってダイバーらしさが出ています。

 

外装: 24点

チタンにデュラテクトDLC/MRKというシチズンの中で最も耐傷、耐打に優れた処理を惜しげもなく施しています。ケースがチタンなので見た目とは裏腹にとても軽く仕上がっています。このモデルは耐磁2種の性能があります。これは16,000/amもの耐磁気性能で5cm磁気物から離せばほとんど全てのものから磁気の影響を受けないことを意味します。

厚みも15,3mmとダイバーズとしてはそこまで厚くはないのでOFFのシーンでは陸上でも十分に楽しめます。

 

ムーブメント: 21点

ムーブメントはシリーズ8に搭載しているシチズンの中・高級機である9000系を使用しています。いきなり載せてきました。このモデルは普及機の8000系よりも精度、耐磁性能を向上させています。国産版ETA2892-A2といったところでしょうか?-10~+20秒という精度となってますが実測値では10秒以下ですので安心して使えます。

 

コストパフォーマンス: 25点

こんなに安くて大丈夫か?というのが第一印象です。同ムーブメントのシリーズ8の20万円あたりと比べると防水性能が高くチタンに高価なデュラテクトDLCとMRKを施しています。コレだけの装備であれば少なくとも25万円のプライスがついてしかるべきですがなんと14万円という破格の安さ。

この時計は見る目のある人には絶対にお勧めします。