頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー 148回 カシオ G-STEEL GST-B400D-1AJF 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第百四十八回目のレビューはカシオ G-STEEL GST-B400D-1AJFです。こちらは新たなモジュールを採用したモデルとなっています。

G-STEELは売れているのか新しいモデルがかなり頻繁に登場しています。

 

f:id:japanesewatch:20210910100006j:plain

 

総合評価: 83点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デジタルを2箇所ににしてより多くの情報が見えるようになっています。デザイン的には流行のオールブラック文字盤にしたりケースサイズを少し小さくしたりと様々な工夫が垣間見えます。

MT-Gはデザイン的にかなり豊富な種類があってカシオの中でも人気があるのでしょう。

 

外装: 23点

外装も価格から見ると非常に良くできています。高級時計らしく稜線のハッキリしたケース仕上げなどコストかけています。また、今までのG-STEELではMT-Gのように一部強化プラスチックを使用して軽さと強度の両立を図るものはコストの関係でしていませんが(裏蓋のみカーボン使用)このモデルは軽く感じます。ケースサイズやブレスレット面積の縮小で少しずつ軽くしたのでしょう。

 

f:id:japanesewatch:20210910100803j:plain

厚みは12,9mmとG-SHOCKにしては比較的軽いほうです。写真にあるようにボタンなども腕に近くしているので実際に着けてみると腕へのおさまりがとても良いです。

 

ムーブメント: 17点

ムーブメントは通常のBluetooth使用のソーラークォーツとなります。カシオのかなりのモデルにこのBluetooth採用

 

コストパフォーマンス: 21点

MT-GとG-SHOCKの中間モデルでお得に良い時計がほしいという人にはぴったりの時計です。このモデルなどはMT-Gと比較してもそこまで遜色がない外装仕上げとなっています。