頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

第135回 レビュー シチズンコレクション WENA搭載 CA0088-61E 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第百三十五回目のレビューはシチズンコレクション WENA搭載 CA0088-61Eです。

SONYの開発した後付けスマートウォッチ機能を搭載した最初のモデルとなります。

今後は今までの機械式時計とか持っている人にこのWENA3は普及していきそうです。それの先鞭をつけたシチズン流石です。

 

f:id:japanesewatch:20210709093144j:plain

 

f:id:japanesewatch:20210709130521j:plain

 

SONYのWENA3はバックルに取り付けて心拍数、万歩計、電子決済ツールなどが使えます。

 

総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

デザインはIWCのようなパイロットウォッチ風の非常に格好のいい物となっています。モノクロのカラーバランスが絶妙ですしダイヤルの配置も余計な隙間がなくとてもいいです。

このデザインであれば普通にWENA3を非搭載モデルで出しても売れそうです。

 

外装: 20点

外装はデュラテクトを施されていない通常のブラックPVDです。

バンドはこのWENA3を搭載する為に新たに設計したものとなっており贅沢です。

 

f:id:japanesewatch:20210709130319j:plain

 

厚みは11,7mmと若干ですが厚めです。風貌がサファイアガラスではないのでこの分も厚さと関係しているようです。

 

ムーブメント: 21点

ムーブメントは通常のソーラーウォッチとなります。電波は搭載されていません。こちらはWENA3を搭載ということで採点を増やしました。

ワールドタイムも搭載していて機能的にも使いやすいです。

 

コストパフォーマンス: 22点

比較対象のベースモデルがないんですがWENA3自体は単体で3万円しているのでこの時計自体だと約5万円位なので非常にお得感が高いと思います。

8万円の時計ですがベースは5万円のものですがとてもその価格には見えない高級感があります。

言い方は悪いですが使い捨てのスマート