頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー オリエントスター RK-ND0105S 頑張れ国産時計のブログ

こんにちは、第百九回目のレビューはオリエントスター RK-ND0105Sです。

レディスウォッチの新作で今までのオリエントスターにあったクラシックなものから若干モダンな仕様になりました。

 

 

f:id:japanesewatch:20210208232228j:plain

 

総合評価: 85点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

デザインはシンプルに見えますがラウンドと角をさりげなく調和させたものとなっています。実機を見るとクッションケースのようにも見えます。

エプソンも意図してかはわかりませんが最近のレディースウォッチではデザイン面で隠れた良作といえます。

 

外装: 20点

外装も価格なりのものと思いますが艶消しと艶だしをうまく融合させておりコストの制約の名kで頑張ったと思います。

セイコー、シチズンのような高度な表面硬化処理はありません。

 

f:id:japanesewatch:20210208232248j:plain

 

 

厚みは10,2mmと薄く感じますがケースサイズが小さい中での10,2mmなので案外厚みを感じます。レディスならあと1mmは削って欲しかったですね。

 

f:id:japanesewatch:20210208232328j:plain

 

この価格帯でDバックルはありがたいですね。落下と劣化防止になるのでここはポイント高いです。

 

ムーブメント: 19点

ムーブメントはレディス用のものを使っています。ムーブメントが小さいのでどうしても精度はメンズほどは出ませんがカタログスペックの+40~-30秒というのはさすがにないです。このムーブメントを何個か制度測りましたが一番悪くても+18秒ぐらいでした。平均日差は約+15秒ぐらいなのでご安心を。

 

コストパフォーマンス: 24点

この価格で自動巻きのレディスウォッチを買えるというのはとてもありがたいことです。しかもmade in JAPANというのがすごい。

コロナでステイホームになり今までは電車で1分1秒の時間に追われる生活だったと思いますが在宅勤務なった方も多いのではないでしょうか?

これからゆっくりと過ごすにはぴったりの時計だと思います。