頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー シチズン アテッサ AT8181-71L 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第百六回目のレビューはシチズン アテッサ AT8181-71Lです。

レディスのクロスシーとのペアウォッチ限定モデルです。

限定本数が2700本と多めではありますがペアではなく単体でかなり売れています。

もうそろそろ在庫も尽きてしまうのではないでしょうか。

 

f:id:japanesewatch:20201219144451j:plain

 

総合評価: 87点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

この文字盤の配色はとても良いですね。グラデーションのブルーに金色のドットがついています。宇宙のようにも見えてとても綺麗です。

アテッサの新型は最近ヒット商品連発していますね。

 

外装: 22点

外装も他のアテッサと同様に稜線の立ったデュラテクトを施してあります。

ケースやブレスレットの仕上げは上位モデルと比べても引けをとっていません。この辺りはさすがです。

 

f:id:japanesewatch:20201219154130j:plain

 

厚みは10,8mmです。この10mmぐらいが丁度つけやすいのでこちらも付け心地は良好です。

 

ムーブメント: 19点

ムーブメントは通常の電波ソーラーです。性能はシチズンが一番いいように感じます。

 

コストパフォーマンス: 23点

価格は限定なのに通常モデルと変わらないのはありがたいですね。アクトラインもいいですがこちらもおススメです。

シチズンはGPSでも既に10万円台を出してきており価格的に悩ましいところですがより小型薄型希望でしたらこちら一択です。

この10万円台は他に電波時計としてセイコーでブライツ、カシオでオシアナスなどありますがアテッサはこの中でも最も売れ行きが良いのでおススメです。

 

 

f:id:japanesewatch:20201219155125j:plain