頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー シチズン アテッサアクトライン CC3081-52E 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第八十八回目のレビューはシチズン アテッサアクトライン CC3081-52Eです。

絶好調のアクトラインのGPSモデルとなります。

 

f:id:japanesewatch:20201011141931j:plain

 

総合評価: 84点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 21点

指し色をオレンジにしたりプッシュボタンを変えただけで結構印象が変わります。

スポーティなのでON/OFFどちらでも使えます。

 

外装: 21点

外装も面をしっかりと強調しとてもアクティブな印象になっています。

 

f:id:japanesewatch:20201011142759j:plain

厚みは13,2mmとどうしても厚くなってしまいます。ラグを下に下げているのとブレスレットも真下に降りるので付け心地は良好です。

 

ムーブメント: 20点

ソーラーGPSとなります。シチズンは6日に1回自動的に受信モードになりますがこれはセイコーの1日2回と比べると劣ります。

しかし、シチズンは時刻合わせが短針が動いて合うので他者よりも非常に早く時間が合います。

たとえば空港ではやく時間を現地に合わせたいときなど重宝します。

 

コストパフォーマンス: 22点

以前のモデルは18万円ぐらいだったのがこのモデルは15万円に下がりました。

これが15万円だとは思えないぐらい作りも良いですし、実用性も十分ありますのでお勧めです。