頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー オリエントスター RK-AM001S 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第七十七回目のレビューはオリエントスター RK-AM001Sです。

伝統の46系をさらに改良したモデルとなっています。

新型もでましたがこれはこれで人気があります。

 

f:id:japanesewatch:20200822132721j:plain

 

総合評価: 86点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 22点

とても上品なデザインです。文字盤などもオリジナリティにこそ乏しいですが文字盤の仕上げなどこの価格では難しい美しい仕上がりです。

満を持して登場させただけあってデザインも入念に考えられています。表のスケルトンも文字盤に上手く融合できています。

 

外装: 20点

外装も竜頭をややたまねぎ型にして巻きやすくしたり他のモデルとの違いを出しています。

 

f:id:japanesewatch:20200822132659j:plain

厚みは13,8mmとやや厚いです、この辺りも頑張って11mmぐらいまでして欲しいです。

革ベルトもこの価格帯でクロコダイルを仕様、ハミルトンなどはこの価格帯でもカーフなので非常にいいもの使ってますね。

 

ムーブメント: 22点

40時間パワーリザーブですが精度は大きく向上しています。また、仕上げもより綺麗になっています。

おそらく後継機も出ると思います、こちらは50時間になっていると思います。

 

コストパフォーマンス: 22点

高精度ムーブメント、クロコダイルベルトをあしらってこの価格帯は安いですね。

また、46系は今後もずっと生産していくと思いますので購入後のメンテナンスも安心できます。