頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー カシオプロトレックスマート WSD-F21HR-RD 頑張れ国産時計ブログ 

こんにちは、第四十五回目のレビューはカシオプロトレックスマートWSD-F21HR-RDです。

旧モデルも併売で、こちらはケース径を大きくし新たに生体センサーをつけました。

正直、今までの他社でも採用している生体センサーはあまり正確ではなかったようですがカシオはその弱点をある程度克服して登場させました。

 

f:id:japanesewatch:20200225122842j:plain

 

プロトレックはほとんどこればかり売れているようです。

 

総合評価: 78点

(全項目25点満点)

 

デザイン: 20点

デザインはプロトレックらしさを出したデザインです。画面もなるべく大きく見やすくしています。

タッチパネルの反応も良いです、これが遅いとイライラするので大事なポイントです。

 

外装: 20点

アウトドア時計なので高級感よりも実用性重視です。アメリカの製品企画にも通っていますので安心です。また、防水性能も50Mあるので安心して使えます。

充電式なのはソーラーにして欲しいですね。

 

f:id:japanesewatch:20200225122906j:plain

ケース径57,7mmで厚みが19,1mmと堂々たる大きさ。大きく感じる型は旧モデルがいいかもしれません。

 

ムーブメント: 15点

ムーブメント自体は充電式の時計です。リンクするスマートフォンに依存した形となります。アプリの拡充を望みます。

 

コストパフォーマンス: 23点

しっかりとコスト抑えながら登場しています。

時計ブランドのスマートウォッチということで安心感もあります。

アップルウォッチが圧倒的なシェアを誇っているカテゴリーですが、それ以外の選択肢ということであればおススメです。

アップルウォッチはフォーマル、こちらはアウトドア用として使い分けても良いかもしれません。

注意としては買った後に携帯とうまくリンクできない時があるようですがカシオカスタマーセンターに連絡したら結構すんなりいきます。