頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー シチズンアテッサ アクトライン 頑張れ国産時計ブログ

こんにちは、第四十回目のレビューはシチズンアテッサの新シリーズのアクトラインです。

細部に今までのアテッサとの変更点がありケースやボタンなど全て新設計してコストをかけていますが価格は据え置きとなっており良心的です。

こちらは登場から非常に人気のあるモデルになっています。

 

f:id:japanesewatch:20200207151812j:plain

オレンジの指し色もさりげなくていいですね。

 

総合評価: 84点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 24点

デザインは非常に洗練されています。落ち着きとアクティブさを両立させています。

シチズンはデザインに関して国産随一だと思うのですがこのアクトラインはその代表になりうるモデルです。

ケースやボタンのデザインの統一感もさすがです。

 

外装: 21点

外装はお得意のザラツ研磨とデュラテクトで非常に高品質です。

ケースもアクトライン専用で通常モデルと比べて若干の違いがあります。

f:id:japanesewatch:20200207153017j:plain

厚みは10,1mmと通常モデルよりも0,4mm厚くなっています。ほとんど気になりません。

 

ムーブメント: 17点

ムーブメントは通常の電波ソーラーです。シチズンは時間合わせが一番やりやすいので便利です。

 

コストパフォーマンス: 22点

この仕上げとデザインで10万円なら非常にお買い得です。通常モデルは10万前後の国産時計で1番の売上らしくさすが一般の方は見る目があります。

このモデルの登場と前からあるモデルAT8系でスイス時計、国産時計で10万円という価格帯ではシチズンは磐石な体制を整えました。