頑張れ国産時計のブログ

国産4大ブランド(セイコー、シチズン、カシオ、オリエント)を実際に販売員の立場からレビューしてます。

レビュー シチズンエクシード CC3054-55A

こんにちは、第二十七回目のレビューはシチズンエクシードGPSです。
シチズンは昔のサテライトウェーブと今あるGPSとはムーブメントが違うそうです。

最近はアテッサよりもより高いエクシードの方が人気が高いようです。

f:id:japanesewatch:20191204111638j:plain

総合評価: 84点

(各項目25点満点)

デザイン: 20点

シンプルなデザインです。セイコー、カシオがGPSを出すなかでシチズンは一番フォーマルです。
ビジネスマンにシチズンが多いのはすーつと合うからでしょう。
ベゼルのピンクゴールドもデュラテクトという加工なので非常に剥げにくいです。

外装: 23点

オールチタンにデュラテクトという仕上げです。
デュラテクトはシチズンではほぼ標準装備ですが、この加工はすごいです。
他社でこのレベルを標準装備できる所はないです。
またエッジの仕上げもコストかけてます。

ムーブメント: 20点

ムーブメントは普通のGPSです。
ただシチズンのは時間がより素早く合うので他社よりも使いやすいというメリットあります。
また、飛行機内で時間を現地に合わせるときもリューズ一段引くだけですぐ合わせられるのは良いですね。

コストパフォーマンス: 21点

オールチタンのデュラテクトとGPSで21万円というのは実用的時計として買いやすいと思います。
特に海外に行く人にはGPSは必須だと思います。