レビュー カシオ フロッグマン GWF-D1000B-1JF

こんにちは、第二十六回目のレビューはカシオフロッグマン GWF-D1000B-1JFです。

ソーラー電波モデルにして初の水深計を備えました。旧型に比べて価格が約2倍になってしまいましたが相応のスペックアップとなりました。

セイコーのプロスペックスと並んで世界に誇るダイバーズウォッチですね。

セイコーは電波がないので電波ダイバーでは唯一無二です。

 

f:id:japanesewatch:20191116182336j:plain

 

総合評価: 85点

 

(各項目25点満点)

 

デザイン: 23点

何十年も前から変わらずアシンメトリーなデザイン。これもダイバーの声を忠実に聞いて作られているので無駄がありません。

 

外装: 20点

53mmという大型のケースはダイビングしてもしっかりと見やすくて安心できます。

ネジ1本まで過酷な状況を想定した作りこみとなっています。

ただケースがDLCでコーティングしているとはいえステンレスなのは良くありません。これだと傷つけてDLCが剥がれると錆びてしまう可能性があります。これはチタンで出して欲しかったですね。

ケース厚18mmはダイバーズモデルということを考えればこんなものでしょう。

f:id:japanesewatch:20191116183004j:plain

 

ムーブメント: 20点

通常の電波ソーラーながら80Mまでの水深計が付いているのは良いですね。また、温度計や潜水データも保存できるのは嬉しい機能です。

 

コストパフォーマンス: 22点

これだけのハイパフォーマンスのダイバーズウォッチもなかなかないですね。実際に仕事で使うとなるともっと専用のコンピューター付きになりますがちょっとしたダイビングにはピッタリです。

実際はダイビング以外にもアウトドアなどにも重宝しそうです。